音楽

島唄

 今、図書館から借りている「離島を旅する」(作者・向一陽/講談社現代新書)を読んでいる。沖縄の八重山諸島に始まり、北海道の利尻島まで日本の南北にあるたくさんの島々の中から、代表的なものや穴場的な離島を紹介している。
 その本の奄美大島の話の中に、島唄に関する事が書かれていた。

 島唄というと、思いつくのはTHE BOOMの「島唄」という人は多いと思うが、沖縄や奄美の島で歌われる、いわゆる民謡の事である。THE BOOMの歌は、その島唄の事を、琉球音階の旋律に乗せて歌ったものだ。
 この本に奄美大島の島唄の歌い手の方の話が出て来る。奄美大島は鹿児島県に所属しているが、沖縄の少し北にある島であり、奄美は奄美大島の他にも、与論島、沖永良部島、徳之島、喜界島などの島が有名だ。歌手の元ちとせさんは奄美大島の出身である。
 島唄の歌い手さんは、島唄は方言で歌われるものを指し、標準語で歌われているものは新民謡と呼んでいると、明確に線引きがされている事を語る。基本的には島の人が歌う歌なのだ。
 そして、高音を大きく出して歌う事、「裏声を使うのは逃げ」であると語るのだ。

 これは島唄の事を話しているように見えて、現代音楽、特に21世紀になってからの日本の歌い手に対してのメッセージにも思えたのは、私の考えすぎであろうか?
 私も日頃、裏声の多用に於ける歌唱力の誤解というものを感じていた。この十年くらいの風潮、多分小室サウンドが出て来たあたり、あるいはもっと古くビーイング系全盛の頃からだと思うが、裏声を巧みに操る事が上手い事の条件みたいに、J-POP界で思われてきている事が心外でならない。
 本当に上手い人は裏声など使わずに高音を発声するのであり、アクセントとしての裏声はアリであるが、これを多用する事が上手い事の証明ではないと思っている。
 残念ながら、ハロプロでも裏声信奉みたいものが、おそらく教えている側から伝授されている事実があり、多くのメンバーが裏声を頻繁に活用している。私が鈴木愛理の歌に厳しく評価を付けるのも、期待値の表れと裏声多用に対する不満からであるのだ。

 島唄は高音を大きく発声させ歌う。南国の空の下で歌うに相応しいスタイルだ。島唄は古くから若い男女のパーティーのような場でも歌われてきたのだそうだ。想いを寄せる相手に届けるため、強く明るく歌わなければ届かない。
 裏声多用の歌手の方々は、歌を届けるという基本的な事を思い出し、力強く歌を届けてほしいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポピュラーソング

 昨日、某掲示板で「アイドルソングなんてダサい音楽、おしゃれな若者は聴かない」と力説している自称若者がいた。アイドルソングの出来不出来に盛り上がっているオタク、バカじゃねーのという論調であった。

 私も高校生くらいの時は流行歌を聴いていた。だが、流行とは違うポジションにいるマニアックな音楽にも手を出していたし、昔の流行歌も好きであった。

 十代は特にそうだと思うが、自分を良く見せたい、自分が回りから外れていたくないという感情を持つ事は極めて普通で、それは極めてその他大勢な無個性人でもある。
 例えば、高校生年代が回りに右へならえとなりやすい習性を利用して、中高生をメインターゲットにした一儲けが巧いのがエイベックスだが、まあそういう音楽があっても良い。グルメばかりが食べ物ではない、ハンバーガー店もちゃんと存在価値があるように、売るための音楽にだって存在価値はある。

 だが、この自称若者さんみたく、「おしゃれな若者」が聴く音楽が正統派で、そういう人達が聴かない音楽は下に見る。特にアイドルポップスなんて嘲笑の対象でしかないという考えは、正直言って物事を浅くしか見ていない証明であると言わざるを得ない。

 私は、今の流行歌も気に入れば聴くし、音楽ジャンルの立ち位置に格付けを付けるなんて愚かな行為だと思っている。逆に、クラシック愛好家がポップスやジャズを見下す人がいる事も残念に思っている。
 そして、音楽を聴くという事に年齢は関係ない。ゲームや映画のX指定やR指定じゃあるまいし、対象年齢とかないのである。そして、おしゃれな「若者」が聴くから格が上がるなどという事もない。

 私は、その自称若者さんに色々伝えたかったが、彼は言いたい事だけ叫びまくるとスレッドから去っていった。
 オタクをバカにする人というのも、自分に自信を持てない者が、自分より格下の人間を決めて優越感に浸りたいだけでもあると思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーガルスクリーミングキスハーキスハー「17 」

 ヤフ○クで、シーガルスクリーミングキスハーキスハー(長いので以下シーガルと略)の「17」というアルバムを買った。10年くらい前に、日本のちょっとマイナーな女性アーティストにハマっていた事があり、その時以来ずっと欲しかったアルバムだ。
 シーガルは、Vo&Gとドラムスが女性、ベースが男性というバンド。ギターを弾きながら歌うスタイルが好きな私は、シーガルのVo&Gの日暮愛葉(ひぐらしあいは)さんの大ファンである。日本の女性ロック歌手で一番好きだ。以前、YUKIちゃんのプロデュースをした事もある。ちなみに、自分はYUKIちゃんも好きな歌手である。

 「17」というのは、17歳の頃の真っ白な気持ちを思い出して作ったという日暮さんの想いから付けられたそうだ。
 自分は17歳前後は、世の中に対して斜に構えたひねくれた思考の高校生だったが、確かに斜に構えていながら、どこか純粋であった。純粋だから人を疑わず信じ、そして傷つき、更に斜に構える。傷心は人を成長させるのであろうが、バリアーを厚くさせてしまう事にもなる。

 「17」のジャケットは、ノースリーブの日暮さんが、タイトルが書かれたプラカードを抱えたモノクロ写真。ヌードで持っているようにも見えるが、17歳の頃の「素」な自分という意味なのかなと解釈している。興味のある方は是非、Google画像検索で見てみてほしい。

 肝心の内容だが、オルタナティブロックであるシーガルだから、ギターが変な風にうねり、淡々とした日暮さんのボーカルが重なる。何しろ、一曲目からギターソロである(笑)。

 クリスマスイブの日、早速これを聴きながらお台場に向かった。お台場をスナップ撮影するためである。
 しかし、日暮さんのギターとボーカルを聴きながら、ロマンティック浮かれモードなお台場を歩く事は、ストレス回路にスイッチが入る結果になる。

 日暮さんは、この作品を出した数年後に心の病で休養するのだが、何故か私が好きなアーティストには心の病になってしまう人が少なくない。何故かではなく、自分もそうだからなのかな?とか思ってみたり。

 お台場から帰った翌日の夕方、偏頭痛に見舞われた。前日のストレスがどうこうではなく、ずっと溜まってきたストレスが「いい加減にしろ」と爆発したのかもしれない。日暮さんのギターでスイッチが入ったのだとしたら、それなりにカッコイイストレスである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中古CD

 先週、狼のなんかのスレに「ブックオフに行くといつも250円コーナー見てる」という書き込みがあった。存在は勿論知っているし、更に安い100円コーナーがある事も知っている。でも、ブックオフは商品管理がイマイチなため、綺麗な中古が少ないというイメージがあり、リバティでは中古CDを買うが、ブックオフの中古CDは基本的にスルーしていた。
 まあ、ちょっと見てみるかと、その書き込みに触発されて、先週久々にブックオフでCDをチェックしてみた。
 250円コーナーはラインナップ的には微妙であった。古いのは100円コーナーにあるし、やや新しいのは500円コーナーにある。中途半端に思えた。
 結局、500円コーナーで、アジアンカンフージェネレーションの「ソルファ」というアルバムを買った。以前、TSUTAYAで借りたら気に入った一枚だったので購入。

 そして、今日横浜市内の別な店を覗いてみた。100円や250円はTSUTAYAで借りるより安いから、昔の作品を聴きたければこれで買った方が安い。
 今日も100円、250円は今一つ。250円にあった東京パフォーマンスドールのベストは気になったが、次に来た時でもいいかなとスルー。
 それで結局、500円コーナーで選考開始。三年くらい前という比較的新しいアルバムもあるのが嬉しい。今日は、アジアンカンフージェネレーションの「君繋ファイブエム」と、mihimaruGTの「mihimagic」を購入。

 ミヒマルは安ければ欲しいなという候補の一つだった。先週も候補に入ったので、帰宅後Wikipediaで収録曲を調べてきた。ボーカルの子が好きだ。

 ベタな恋愛ソングばかりの最近の日本の音楽に物足りなさを感じているけれど、このように少しでも良さげに思えたものは買っていきたい。
 肝心の中身の綺麗さは、どちらもツアーのお知らせチラシが同封されているくらい美品だった。帯つきで買うのを基本にしているので、CDの状態には当たりを引きやすいとも言えるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/2

 狼を見ていたら「川本真琴が復活」というスレがあった。最近、狼はハロプロに関係ないスレを読む事が多いです。
 9年ぶりのソロアルバムだそうだ。そんなに長い間アルバムを出していなかった事も、その間ユニット活動していた事も知らなかった。
 川本真琴の1stアルバムは一時期よく聴いていた。彼女のブレイクナンバー「1/2」は大好きな曲だ。独特の作詞感、口語調の言い回し、一心不乱にアコースティックギターを掻き鳴らし「1/2」を歌う川本真琴をテレビで初めて観た時は衝撃だった。
 ひっついている人がいる。だけれど「1/2」。この意味を理解して聴いていた人が当時何割いた事だろう。「神様は何も禁止していない」愛してるけれど「1/2」。川本真琴の伝えたかった事を読み解けた人は次のステップに行けるのだ。

 テレビに出てくる川本真琴は喋ると、いわゆるメンヘラを思わせるものだったから、せっかくブレイクしたのに人気は尻つぼみになった。
 わかる人だけわかれば良いジャンルというのが世の中にはあるが、川本真琴も、「1/2」も、わかる人だけわかる世界。なのか?
 などと書いてるこの記事すら、わかる人にしかわからない世界になってきた。
 タイトルに「桜」が付く曲で、本当の桜の刹那を描いているのは、「桜チラリ」と川本真琴の「桜」だけだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクZO-3

 今日ハードオフに寄ってきたら色々発見がありました。
 まず最初の発見。フィルム一眼レフは高価な機種以外はジャンク扱い。ラックに置かれて「どうぞ触ってください状態」。これでは、売りに出された時点ではマトモだった機種が、色んな人、特に素人に弄られてジャンク化する事間違いなし。子供がレンズに指紋べたべた付けそうだ。嗚呼悲しい扱い。
 という事は、だから最初からジャンクコーナーに置いてるのか! 「ジャンク予定品」という事か(怒)。

 そして、楽器コーナーのジャンクコーナーには黄色いZO-3が。梅さんカラーだ!わ〜い欲しいぜと手にとってみると傷が多い。内蔵スピーカーから音は出るみたいだけど、ちょっと傷が多いのはね。
 買うのは止める事にした。そんな傷だらけのZO-3は8400円。ヤフオクならもう少し安く買えそうな程度だし。
 でも、見終わってラックに返す時、ZO-3が「なんだ買わないのか」と言って寂しがっているかの如く、なかなかラックに引っ掛からない。お買い上げすべきだったのかな?今になって少し欲しくなっていたりする。傷だらけの黄色いZO-3。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンボマスター

 昨日は久しぶりにロックライブに行ってきました。ブログ(本店)に相互リンクさせてもらっているアタイさんから譲っていただいたチケットで、前から観に行きたいと思っていたサンボマスターを観に行きました。

 場所は横浜BLITZ。メロン記念日やエッグの新人公演で入った事がある会場です。開場時間を30分ほど過ぎて入場すると、中はまだ50人くらいしかいなくて拍子抜けでしたが、時間が経ち三組目にサンボマスターが登場した頃にはキャパシティ半分くらいまで埋まりました。
 私は℃-ute仙台以来腰が痛く、ようやく良くなったと思った頃に℃-uteの910の日イベントで膝が痛くなると、℃-uteスタンディングライブで足腰痛めてしまったドアホなので、後ろの方で観てました。しかし、ちょうど自分のポジションはギターポジションなのでした。終始、Vo&Gの山口君が正面に。

 私がサンボマスターに興味を示したのは1stアルバムが出た辺りだったかと記憶しています。バンド名の奇抜さと、曲の内容に興味が湧いたのです。
 日本語の歌詞を大切にという姿勢と、パワフルなステージング。評判を聞いて、良さそうな予感を抱いていました。
 ある日、Mステに出演した彼等を観て、その予感は確信に変わりましたが、その頃の自分は既にハロプロ現場に行きまくり始めた頃で、なかなかハロプロ以外のライブまでは足は向けようとしても手が回らない。そうこうしている内に、ここまで月日が流れでしまいました。

 私が今のJ-POPというジャンルに持つ不満の一つが、男女問わず音楽性だけでなくルックスも重視されているような風潮です。特にロックは、ビジュアル系の影響なのか「カッコ良くなくてはいけない。特にボーカル」という暗黙の了解みたいなものを感じます。
 そこへ行くとサンボマスターは、一般的に言えばイケメンバンドではない(失礼)。しかし、ステージでの彼等はカッコ良かった。うまい形容詞が見つからないけど、カッコ良かった。

 途中、山口君がMCで今日は自分の不恰好な姿を見せるから皆も不恰好な姿をさらけ出してくれ(正確な言い回しは失念)みたいな事を言いました。世の中、肩肘張って虚勢で生きてるミュージシャンが多い中、なんてストレートなんだよ山口君と思った訳です。いや、ミュージシャンと言えどもアイドル同様にイメージ商売ですから、肩肘張って虚勢も別に構わないんですがね。
 でも、周りが何と言おうが、これが自分なんだよ!と大声で言える方がカッコいいよなと、私はステージに拍手を送るのでした。
 ステージで大汗を流す人に悪い人はいない!

 「流した汗は嘘をつかない」 (前田日明・格闘家)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

COLDPLAY

 SMAP×SMAPを久々に見ていたら、ロックバンド「COLDPLAY」がゲストで出てきました。以前から興味のあったバンドだったので、チャンネル変えずに見てました。
 SMAPメンバーがボーカルで参加(勿論英語)して、最新アルバムから「VIVA LA VIDA」という曲を歌ったんですが、

カッチョエエ

一発で気に入りました。弦楽器を絡めたロックに弱い私ですが、この曲はまさにそれ。対談で稲垣メンバーが「壮大な映画を観ているような作品」と語ってましたが、なんかオーケストラをバックにロックしてるみたいな曲(まあ打ち込みを使用なんですが)に、プログレ的な壮大な歌詞イイ。って、自分は案外プログレッシブロックにも弱いのか?

 そういえば何ヶ月か前に、Buono!だったか℃-uteが出るからと予約録画したNHKのMJに筋肉少女帯が出てて、これも心に響いたもんなあ。
 でも、我が家のたくさんのCDコレクションの中にプログレッシブロックって、エマーソン・レイク&パーマーの有名作「展覧会の絵」しかないのです。プログレは曲が長いので、自分は聴いててダレてしまうみたいです(AB型の自分に苦笑)。
 エマーソン・レイク&パーマーのメンバーが後に作った普通のエレクトリックロックバンド「エイジア」は普通に好きでアルバム二枚持ってます。

 COLDPLAYは別にプログレって訳ではないんだけど、ちょっと暗めな壮大な音のロック。まさに好みの音とあって無視出来ません。今後の購入予定リスト入りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)