書籍・雑誌

居酒屋大全/ 太田和彦

 一般的には「居酒屋」というとチェーン系の飲み屋を指すみたいだが、あれはチェーン系飲み屋というジャンルであって居酒屋ではない。
 チェーン系飲み屋の良い言い方がないので、私はチェーン系などと呼んでいるが、あの手の飲み屋は安さや、(注文が出てくる)速さを買いに行く店であって、酒や料理を味わう店ではない。
 ○○ハイの類いは、ただ酔えれば良いという仕上がりで、カクテルなどはまさに「なんちゃってカクテル」であり、これをカクテルと呼んでは(紺野あさ美さんのお父さんを始め)町のバーテンダー達に対して失礼だろうと思えるほど。
 料理には関してはノーコメントだ(苦笑)。

 私の回りで、30過ぎたら(人に誘われたのならともかく)自分からチェーン系飲み屋に行ってはいけないと語っていた人物がいるが、確かにいい大人が行く類いの店ではないとは思う。
 それでも、金欠気味な私は泣く泣くチェーン系飲み屋を利用する昨今だ。

 そんな事をこうして書いている私だが、やはり20代前半まではチェーン系飲み屋ばかり行っていた。味なんかよりも、友人達とワイワイ盛り上がる事が大事だったからだ。だから、そういう人達のためにチェーン系飲み屋がある事は否定しない。

 角川文庫から出ている「居酒屋大全」は、「居酒屋とは何なのか?」を考えさせてくれる一冊である。
 グルメ情報誌のライターなども務める作者が、酒にこだわりを持つ友人(男女)を集めて、理想の居酒屋について語ったり、美味しい酒の飲み方について語ったりする前半は対談形式で展開する。
 対談形式だから読みやすく、チェーン系飲み屋や大量生産の酒への批判もユーモアを交えて展開する。食文化と食の安全への関心は一般にも注目されるところであり、ファストフードやコンビニ食、インスタント食品に対する安全性への警笛を書いたベストセラー本「買ってはいけない」がかつて注目されたように、本来はチェーン系飲み屋の提供する飲食物にも疑問を感じる人が大勢いても良い筈であると考えさせられる。

 後半は、理想の居酒屋を求めて東北・新潟を旅する一行の姿や、東京・大阪のオススメ店の情報など、グルメ情報誌的な内容も散りばめてある。血液型別居酒屋での振る舞いなどというページもあり、こういう企画へのサービス精神はライターさんならではであろう。

 一冊読み終わる頃には、居酒屋の良さ、美味い酒を手間隙かけて作る人達の努力、色んな知識も身につき、またスマートな大人の飲み方も意識出来るようになる一冊。

 表紙のイラストは、テレビドラマにもなった大ヒット漫画「夏子の酒」の尾瀬あきら氏が描いている。
 「夏子の酒」は新潟を舞台に、主人公夏子が幻の米を栽培し、その米から理想の酒を作る実話を元にした話だ。文化論からグルメ情報までを、わかりやすく楽しくも真面目に綴った綴ったこの本に相応しい表紙だと思える。

 ちなみに、居酒屋とは本来は「家庭料理をリーズナブルなお値段で提供する飲み屋」である。チェーン系飲み屋はリーズナブルではあるが、どちらかと言えば家庭料理ではなくファミレス料理であると私は思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌と編集者

 先週図書館から、宮脇俊三さんの「終着駅」という本を借りてきた。この本は昨年秋に出版された、宮脇さんの単行本未収録作品を集めた紀行エッセイ本である。
 宮脇さんは元中央公論社の編集者だが、その宮脇さんが雑誌について語っているエッセイがあった。
 曰く、趣味雑誌はその趣味に対して情熱のある者達が薄給で作っているものだが、商業雑誌は、知識や熱意がある訳ではない者がマスコミの華やかさに引かれて入社して作っている。

 私は少し前まで雑誌中毒で、毎日のように雑誌を買っていた。近所の本屋から「いつもありがとうございます」 と贈呈のタオルを貰った事があるくらいなのだが、部屋が雑誌で埋もれてしまうので自重するようになった。

 そんな雑誌中毒な私でも、買うのは趣味雑誌、いわゆるオタク雑誌ばかりだった。
 例えば車の雑誌なら、カーセンサーやベストかーなどではなく、Tipoという雑誌。Tipoは旧い車や最近のでもマニアックな車、例えばロータスだとかアルファロメオみたいな車を取り上げている雑誌だ。
 趣味がパソコンな私だが、パソコン雑誌はほとんど買わず、唯一気に入りよく買っていたのはMac Fanという雑誌だ。Macの雑誌なのだが、実用的な記事以外にも、アップルのMacやiPodなどに対する設計思想やデザイン思想について語るコラムがあったり、社会とMacの関わりについてなどまで、読み物が充実している雑誌だ。それらの連載は単行本化もされており、私の本棚にも何冊かある。
 普通の車雑誌は車選びやドレスアップについて記事を掲載する。普通のパソコン雑誌はパソコンの裏技や新製品紹介記事を載せる。しかし、私はそういう実用的な記事には興味が湧かない。何故ならば、作り手の知識や思い入れが浅いからだ。

 実用的な記事ならば、メーカーが用意した資料でも記事は作れるが、商品に対しての思想や歴史や社会的背景についてまで語ろうとすれば、知識と熱意がなければ書けない。

 一般的な実用雑誌、つまり商業雑誌が物足りないのは、まさに作り手の知識と熱意が足りないからだと私は思っている。そういえば、カメラ雑誌も撮影技術やカメラの性能比較の記事ばかりなので買わない。

 こだわりというものがダサイものとされがちな世の中だが、面白いものをこだわり無くしては作れないのではないか?そう思うのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の途中下車人生

 2/25に角川文庫から発刊された宮脇俊三さんの「私の途中下車人生」を先日読み終わりました。
 宮脇俊三さんは鉄道紀行の第一人者と言える作家で、風景描写、乗客などの人物描写、それらをわかりやすく、深みのある表現で綴る方です。
 一般的に鉄道本というものは趣味性が強く、知識の乏しい人が読むには辛いものが多いのですが、宮脇さんの本は、このように読みやすく旅情を誘い臨場感溢れる文で展開します。読んでいると、その場所に行ったような気分になれるのです。
 そのような作風だからか、ファンレターは男性より女性が多かったそうです。

 その宮脇さんが、自らの半生を語ったものをまとめたインタビュー本(語り下ろしという)がこの本です。
 渋谷で過ごした幼少期〜戦時下の学生時代〜戦後の大学生活〜出版社での編集人時代〜会社を辞めて紀行作家になってから。という流れで面白おかしく語っていきます。

 宮脇さんはサラリーマン時代に務められていた中央公論社からは自身の本は出版せず、河出書房、日本交通公社(限JTB)、新潮社、文藝春秋社、角川書店、集英社、講談社など、色んな出版社から数十冊の本を世に送り出しましたが、この本は長らく文庫化されず幻の本になっていました。
 それを角川書店が文庫化したもので、おかげさまで私も今回初めて内容を知る事が出来ました。
 発売日には、宮脇さんの実娘である宮脇灯子さんの「父・宮脇俊三への旅」も文庫化されました。私はこちらは新刊時に購入しましたので、文庫は今回は購入いたしませんでした。こちらの本は、父親としての宮脇俊三さんの姿と、晩年の闘病生活を綴った本です。

 発売日の2/25は宮脇俊三さんの命日の一日前でした。早いもので、宮脇さんが天国に旅立たれて七年となりました。
 今でも、いやむしろ年月を重ねる毎に宮脇さんの話題は尽きず、新しいファンも増えているようで、絶版本が次々と装丁を新たに文庫出版されています。読みやすくて深みのある宮脇さんの紀行文は色褪せる事はないという事なのでしょうね。
 私の一番好きな作家さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら市

 図書館で借りてきた「生まれる地名 消える地名」という本が面白かった。平成の大合併で消えていく市町村名。そして、生まれる地名。
 世論を揺るがせ、あまりの反対意見に取り下げとなった「千葉県大平洋市」、「愛知県南セントレア市」などは実現しなくて良かったと思っているが、「南アルプス市」、「四国中央市」、「伊豆の国市」など、真面目に考えたのか?と言いたくなる地名も少なくない。地名というのは歴史が表現されているのだから。大事にするべきである。

 私が個人的にガッカリした地名は、「栃木県さくら市」である。名前だけ聞いても、一体どこら辺なのかわからない地名だ。
 さくら市は、氏家町と喜連川町が合併して出来たそうだ。喜連川は「きつれがわ」と読む。温泉があるのどかな山の麓の町だ。
 実は昔、喜連川温泉に行った事がある。いわゆるデートという日帰り旅だ。さくら市などという地名になってしまい、思い出も遠くになりにけりという淋しい心境です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)