パソコン・インターネット

iPad革命

 iPadの予約が始まった。この端末、単なる電子書籍閲覧端末ではないし、iPhoneの巨大版でもない。新時代のパソコンなのだ。
 私はそう思っています。

 パソコンがまだまだ素人には敷居が高いままな現在。一般的用途で使う分には、iPhoneくらいのスペックと使いやすさがあればパソコンなんていらない事が段々バレ始めてきた。
 ネットを見たり、メールしたり、音楽聴いたり、写真や動画を見たり。すべて、iPhoneで十分である。
 そのiPhoneをパソコン的なものに近づけたのがiPadだ。

 パソコンは数ある電気製品の中で一番トラブルが多くて未成熟な電気製品である。それはOSにかなりの責任がある。

 30年以上前、タイプライター型ボディにコンピュータ基板を内蔵した世界初のパソコン「アップルⅡ」が世の中に誕生し、26年前にGUI(グラフィカルユーザーインターフェース。アイコンなどによってファイル操作を行なうシステム)を本格搭載したMacintoshが登場し、そのMacを追ってマイクロソフトが15年前にWindows95を登場させてパソコンを身近にした。
 今まで、パソコンを作り育ててきたアップルが自らの手によって、パソコンというジャンルを消す時が来た。私はそう思っています。

 既に売上高ではマイクロソフトに並びそうなほど急成長を遂げているアップルが、本当の意味でのパーソナルなコンピュータを世に送り出した年。それが2010年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vistaで感じた事

 弟から、「PCが不調だから買い替えた。前のはプレゼントする」とモニタごとパソコンをもらって二週間が過ぎました。
 しょっちゅう電源が落ちるというのが問題だったのですが、セーフモードで立ち上げて、システム復元をしてから、新しいユーザーアカウントを作ったら収まりました。
 しかし、弟が使っていた前のアカウントを消すと再発。
 弟が引き渡し前に初期化しているので、アプリケーションの問題ではなさそうだけれど、理由不明。また弟のアカウントを復活させて、だましだまし使っています。
 まだあまりファイルを入れていない今のうちに、自分で初期化してOSをクリーンインストールするかなと考えています。

 Vista自体は、Mac OS Xを丸パクリしたかのような画面デザインで、Mac好きな自分には楽しいです(笑)。
 自分は丸パクリという行為自体は嫌いなんですが、Windowsそのものが元々、Mac OSを真似て作られているOSなので、今更その事でどうこう感じる事はなくなりました。
 でも、XPもそうでしたがフリーズが完全になくなっていないのは、改善要求をしたいポイントです。MacはUNIXベースのOS Xになってからはフリーズしなくなりましたからね。
 友人の旦那さんで、Linux(UNIXベースの汎用OS)を愛用している方がいて、Windowsは駄目OS、Mac OS Xはまだマシと言っていた事を思い出します。Windows7は少しはマシになったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッチパネルに見る日米の気質の違い

 iPhone 3GSを買う事を検討しています。今使っているドコモの携帯はメールと通話に使うための端末として、ウェブはiPhoneでという考えです。やはりデカイ画面でネットしたい。
 iPhoneそのものには特に不満はないのですが、一つちょっとなあと感じているのが「タッチパネル」。iPhoneの売りである部分です。タッチパネルでわかりやすい操作を実現したiPhone。その売りを否定してしまう訳ではないですが、指で液晶を触るというのがどうにもこうにも。

 タッチパネルを使った新機軸な端末と言えば、ニンテンドーDSもそうですが、こちらは指ではなくタッチペン。このあたりに、日本人とアメリカ人の神経質の程度というか、気質の違いを見ます。
 メイドイン京都なニンテンドーDSはタッチペンで画面を指紋で汚さない。こんな気配りにワビサビを感じるのですが、これはワビサビを間違って解釈しているのでしょうか?

 OSはアンドロイドOSでも何でもいいから、タッチペン、或いはそのような小道具を使う、メイドインジャパンなスマートフォンよ出でよ。そう願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad

 今回の記事はmixiに書いた日記を加筆して転載したものです。(マイミク大歓迎です。希望の方はコメントください)
 iPadって名前、最初ネットで知った時は冗談かと思ったら本当だった(苦笑)。ウケを狙ったネーミングだろうか。
 自分の予想では、将来的には家庭向け用途ではOS付きパソコンは衰退すると思っている。ネット、音楽、写真、動画などなど。ビジネス用途以外のものって、今のパソコンの形態である必要がないと思う。
 こういうネットに繋がるシンプルな端末が本当の意味での「パーソナル」なコンピュータになるんじゃないかなと思う。家庭向け端末では、アップルがマイクロソフトをシェアで上回る日が来るかもしれない。

 ただ、個人的には、パネルを指でタッチするのは抵抗がある。画面が汚れそうでイヤ。ニンテンドーDSみたくタッチペンがいい。
 昔、アップルが発売していた「Newton Message Pad」という小型端末はタッチペン操作で、手書き入力も出来たのだけれど、あの頃のアップルの理想がようやく実現したのが、iPhoneであり、iPadなのかもしれない。個人的には、Newtonくらいの手のひらサイズのiPadも欲しい。
 それがiPhoneなのだろうけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古いOS

 Windows7登場で、パソコンの10月出荷台数が前月から2割増だそうだ。もはやOSの進化なんて有り難くなくなっているから、10月に買った人は、たまたま買い替え時だったのだろうと斜に構えてニュース記事を読んだ。

 私はメインで使っているのはXPなのだが、これで必要にして十分だ。ただ、画面の色、文字の美しさなどは遥かにMac OS X(マックオーエステン)が優れている。正直、Windowsの文字を見ていると萎える。MSゴシックでは創作意欲は湧かない。Mac OS Xのヒラギノフォントは印刷物そのもののような美しさで、こちらだと創作意欲が湧く。

 Macだと古いOSには古いなりの美しさがあるから、Windows XPもあと15年くらいしたらクラシックな魅力が溢れるだろうか?
 いや、きっとないであろうと断言出来る。14年前のOS Windows95は今やほとんどの人は見向きもしないからだ。あの頃からMSゴシックだけはあまり変わっていないのはご愛敬。
 ところが、Macは古いOSにプレミアが付いていたりする。自分も、20年前くらいのが欲しかったりする。
 Macは文字が昔と今とでは違うからか?

 昔のMacのフォントはヒラギノではなく、OSAKAと言う。地名だと版権がかからないからだという理由だそうだが、きっとアメリカのMacスタッフがたこ焼きが好きなのだろう。
 古いWindowsにプレミアが付かないのは、そういうお茶目な連想が出来ないからに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacでWinする

 昨日、Macのデスクトップの新型が発表された。新型と言っても形は今までと同じ。Macはデザインで気に入って使う人が多いので、どんな外観なのかというのは非常に重要な事なのだけれど、変えてこないという事は今のデザインをアップルはよほど気に入っているという事なのだろうと思う。
 私が現在使っているパソコンは2003年に買ったバイオノートで、ハードディスクの容量以外にさして不満はないのだけれど、さすがに時代遅れな仕様である。何しろ、USB端子がUSB2.0ではなくUSB1.1なのだ。バイオに入っているデジカメのファイルを、サブで使っている光学ドライブ無しのモバイル仕様の東芝ダイナブック(USB2.0)にUSBメモリを使ってデータ移動をしてみると速さの違いは歴然で、バイオだとデータ読み込みに5分くらいかかった画像フォルダが、ダイナブックでは1分もかかるかどうかだ。デジタル技術の進歩って素晴らしい。

 さすがに6年前のパソコンをメインで使っているのは我慢大会にも程があるので、そろそろ新しいのを(カード分割払いで)買うかと思い、品定めを開始しているのだけれど、残念ながら国産メーカーのは余計なものが付き過ぎて、しかもその分割高。そんな訳で、アメリカのメーカーであるhpのデスクトップでも買うかなと結論が出た。十万円以下で、そこそこの性能が手に入るhpバンザイという気分だった。

 しかし、まったくノーマークなところから林檎マークのパソコンが「ちょっと待った!」と候補に名乗りを上げてきたのだ。
 私は元々Macが大好きで、家にはiMacやiBookを始めとしてMacが数台あるのだけれど、最近のMacはノートは画面サイズが小さくなり(大きいのは高い)、デスクトップも高いMac Proかモニタ一体型のiMacしか選択肢がないような状況だった。モニタ一体型は本体が旧型化した時にモニタを他の機種のモニタに使えれば便利なのだけれど、それが出来ないため「もうiMacは買わない」と決意しているのだった。
 唯一、Mac miniというお手頃デスクトップが候補として気になっていたのだけれど、このMac miniは最近モデルチェンジの対象から外れ気味で旧態化した存在になっていた。
 そんなMac miniがモデルチェンジをした。弁当箱みたいな小型ボディにハードディスクが320Gとか凄い。一気に欲しくなってしまったのだった。

 今のMacはCPUが「インテル入ってる」だからWindowsが使える。ちゃんとアップルがそういう機能をOSに入れているのだ(Boot Campという)。Macは中身のパーツが結構良かったりするので、同価格帯の他社のPCよりもWindowsが快適に使えるそうである。
 候補はhpからMac miniにチェンジとなった。買う時に一緒にWindows Vistaも買う予定だ。Mac OSは画面や文字が綺麗で素敵だが、Windowsでないと初音ミクが使えないからVistaも買わないといけないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)