スポーツ

ラッシャー木村さん

 「こんばんは」というマイクパフォーマンスの人ではなく、自分にとっては「金網デスマッチの鬼」という異名を持つ強い人のイメージ。
 セメント(真剣勝負の事。或いは道場マッチの事)では滅法強いと言われ、その強さが伝説になっているのに、性格が優しくて周りの人達から慕われた人。
 晩年は激しい試合ではなく、ジャイアント馬場さんを「アニキ」と呼ぶ楽しいマイクパフォーマンスで人気を集めた。実はその前にあの「第一次UWF」にいた事を知る人はかなりマニアだ。

 今は信じられない気持ちでいっぱいです。今頃、天国でジャイアント馬場さんにお会いしているのかな。

 ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城島健司と九州

 サッカー選手は契約に関しては、あくまで選手側に選択の自由があると言えるやり方だが、プロ野球選手は球団が権利を持っている。大雑把に言えば、Jリーグは新人の頃からフリーエージェントの資格を持っているようなものである。
 だからか、チームがJ2に落ちれば、選手はJ1でやりたいからと移籍する事も珍しくない。昨シーズンオフに大分トリニータから多くの選手が退団していったのは、まだ記憶に新しい。
 サッカーはそういう背景があるから移籍は盛んだし、あまりネガティブには捉えられない事が多い。試合に出られるチームに移籍をする事は当然という空気もある。

 しかし、選手がなかなか自由に移籍を出来ないプロ野球は、例えチーム事情的に致し方ないとしても移籍にはネガティブな空気がつきまとう。

 シアトルマリナーズを退団した城島健司選手が日本プロ野球に復帰、今年から阪神タイガースでプレイする。一応入団交渉にはタイガースのみならず、古巣の福岡ソフトバンクホークスも当たった。
 しかし、城島がマリナーズに移籍後、長らくキャッチャーが育たず苦労していたホークスも、昨年に田上というテスト入団から這い上がってきたタフな選手が台頭してきた。待望のレギュラーキャッチャーである。
 せっかく田上が伸びてきたのだから、彼を使い続けるのが正解である筈。しかし、地元九州出身のスター選手城島は復帰させたい。そんなジレンマがホークスにはあった事だろうと思う。

 結果的には是非欲しいという気持ちが強い方に決まるという、わかりやすい結果になった。城島としても、これが正解だと思う。ホークスにとっても。

 しかし、城島がホークス以外のユニフォームを着る事には未だに慣れない思いを抱きながら、同じリーグではなかった事に救いを見出すのだ。

 昔、試合を見終えてから友人と飲むために中洲を歩いていたら、キャバクラのお姉さんに「ホークス勝った?」と聞かれた事がある。その時の私は観戦後だから、バッグに緑とオレンジのメガホンが刺さっていたのである。
 勝った事を伝えると、お姉さんは喜んだ。お姉さんは「私、城島と井口が好き」と言った。二人とも今は別なチームの選手になってしまった。時の流れは無情だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平塚に集まる者

 先日、平塚競技場にて湘南ベルマーレJ1復帰記念試合が行われた。企画したのはベルマーレOBである中田英寿氏。
 チームは、ベルマーレOBとJリーグOBとの対戦。ヒデは前半はJリーグOBでプレイし、後半はベルマーレOBでプレイした。
 ベルマーレOBには、現監督である反町康治を始め懐かしの顔ぶれ、JリーグOBには前園真聖、北澤豪など豪華な顔ぶれ。

 個人的には、ベルマーレOB側のFWに関浩二、アマラオの2トップが実現した事が興味をひいた。関アマラオの2トップはJFLの東京ガス(現在のFC東京)で大活躍したコンビで、私は二人のプレイに魅せられた一人である。観てみたかったと悔しい気持ちである。
 更にベルマーレOBには、外国からの参加もあった。(アマラオは今、東海リーグのFC刈谷監督)
 日本語ペラペラで人懐っこいキャラで愛されたエジソン、コロンビア代表として輝かしいキャリアがありながら、J2で低迷するベルマーレを支えた仕事人パラシオス、韓国代表主将を務めW杯でも活躍した闘志溢れる男ホン・ミョンボ。
 わざわざと言ってはナンだが、三人がベルマーレのためにこの試合に来てくれた事が嬉しい。パラシオスやホン・ミョンボは加入当初も、よくぞベルマーレに入団したと思えたものだ。
 パラシオスは強豪コロンビアで代表としてプレイした人物である。コロンビアより実力で劣る日本の、それも二部でプレイするのは一大決心であっただろうと思う。
 そして、韓国を代表するプレイヤーであり、ヨーロッパでプレイ出来る実力のあったホン・ミョンボがJリーグでプレイ。当時は、あのホン・ミョンボが日本でプレイするのかと驚いたものだ。

 パラシオスもホン・ミョンボもベルマーレで力一杯のプレイをしてサポーターに愛された。陽気な真面目人エジソンも笑顔でチームを支えた。こういう人達が、11年ぶりのJ1復帰を祝って駆けつける。ベルマーレというチームは選手にも愛されているのだ。

 反町監督もインタビューで語っていた。ベルマーレは財政的に厳しいが、少ない人数のスタッフがとても勤勉でよく働くのだそうだ。
 お金はないチームだが、関係者の力が結束されて良い環境が出来上がっている。だからこそ、こういう企画にも人が集まるのだと思う。

 ヒデはイタリア時代に、日本代表の試合で帰国すると平塚の練習場に顔を出して、ベルマーレの選手とトレーニングをしていたそうだ。山梨育ちのヒデにとっても、ベルマーレは第二の故郷。

 この日の入場売上はベルマーレに渡された。売上から諸経費を差し引いたものが、ハイチ震災への義援金とされる事がベルマーレから発表された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日韓戦をテレビで観て

 今回の記事は、mixiに書いた日記を加筆修正した記事です。
 外国と試合を組む場合、コンディション的に本気でやるつもりがない欧州勢や、時差ぼけで動きが重い南米勢、そういう相手よりは韓国と試合をした方がよっぽど強化に繋がると私は思っております。 韓国は日本相手に力をセーブしてくるとは考えにくいからです。
 勿論、色んなタイプの国と試合をする事は大事ではありますが。

 それにしても、良いところ無しでした。一本調子なサッカーは、同じ歌をエンドレスで歌う一本調子なサポーターとシンクロしていました。
 ホームでありながら異様な雰囲気を作る事も出来ない日本。国立競技場は陸上競技場だから陸上トラックがある。臨場感に乏しいから、雰囲気作りが上手くいかないのは仕方がない事だけれど。

 そういえばジーコさんは、その辺を気にしていて、W杯予選を(陸上競技場ではなくサッカー専用な)埼玉スタジアムで行なっていた。

 なんかジーコさんの頃の方が」まだ良かった」と思う今日この頃。監督だけの問題ではないのはわかるけれど、でもオシムさんの後釜はオシムさんのやり方を継承出来るヨーロッパの人を招くべきだった。そう思っています。

 でも、もうW杯まで時間はないです。この選手で、この監督で南アフリカに行くのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽の町

 Jリーグの川崎フロンターレが先日、新体制発表会を川崎市高津区にある洗足学園の音楽ホールで行なった。会場には、抽選で招待されたファンクラブ会員1000人が来場して盛り上がったそうだ。
 ステージでは、新加入選手の挨拶などが行われたが、場所が場所だけに演奏会なども開かれ、洗足学園OGだという平原綾香さんがゲストで登場して歌を披露したりもあったそうだ。
 こういう新体制発表会は、普通は記者を集めてホテルで開催するのが定番で、それをイベント化して、しかも音楽イベントと共催するという試みは面白い。

 Jリーグはサッカーだけでなく色んなスポーツを住民に楽しんでもらうという目的も掲げている。Jリーグチームは総合スポーツクラブである訳だ。
 例えば、FC東京と東京ヴェルディはバレーボールチームも持っていて、バレーボールでもライバルだったりする。
 そして、スポーツだけでなく芸術活動や文化活動にも力を入れていこうという目的もある。

 川崎市は「音楽のまち かわさき」というキャッチフレーズの元、音楽振興に力を入れている。川崎駅西口には立派なクラシックホールがあり、川崎駅前は自由にストリートライブが出来るようになっている。プロもアマチュアも、色んなジャンルの音楽が活動をしやすい町を目指している。

 海側には工場がたくさんあり、地方から仕事で移住してきた人が多い川崎の町。今ひとつ町の一体感に欠けると長年言われてきたが、フロンターレや音楽を通じて、ようやく町の顔が出来てきたように思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分降格

 J1の大分トリニータが昨日の京都サンガ戦で引き分けて、来季はJ2という事になった。ここ六試合は負けなしと粘りを見せてたが、14連敗をしていたのは痛かった。
 大分は去年のナビスコカップで優勝をした。九州のJチームがカップ戦、リーグ戦問わず優勝という栄冠を手にしたのは初めてであり、また大分は九州で一番スタンドが大きい(福岡ドームより収容数が多い)スタジアム「大分スタジアム(九州石油ドーム)」という開閉式屋根を持つ立派なホームを持つなど、今や九州を代表するサッカーチームだ。
 そういうチームがJ2に降格とは、正直言って残念だ。

 大分には何度も訪れていて、サッカーも観戦しているが、海が広く、街の中心部はほどよくテンポがあり、都会と田舎を上手くミックスさせたような味わいがある。
 これが、日豊本線(にっぽうほんせん)で南に進んで行くと、にわかに南国情緒が増していく。津久見、臼杵、佐伯。そして、山深い県境を越えると、空も海も目映いほど青いサンシャインタウン宮崎県。
 大分トリニータのホームタウンは、大分市、別府市を中心とした大分県全域。チームが出来て、地元の高校のレベルも上がり、トリニータのユースチーム出身者からも、GK西川周作選手のように日本代表に選ばれる選手も出てきた。大分県に活気を生んでる事は確か。
 J2に落ちたからと言って悲観してはいけない。ここで盛り上がりを持続して初めて「地元に根付いている」と言えるのだから。
 三年前、大分に行った時に駅前商店街には垂れ幕が掛かっていた。そこに書かれていたのは、「我が町の誇り 大分トリニータ」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J対K

 昨夜は、韓国の仁川(インチョン)でJリーグ選抜対Kリーグ選抜のオールスター戦が行われた。
 テレビで試合の模様を観ていたけれど、4−1というスコア以上に内容に差がある試合だった。ACLでKリーグのクラブの試合を観ていると、スピードのある展開が見られ、韓国のプレースタイルの変化を感じていたのだけれど、昨夜の試合はプレスは遅く、マイボールになっても回りの選手が動き出さないという流れの鈍いサッカーを行なっていた。
 それに対して、Jリーグ選抜はKリーグ選抜の選手に対して素早くプレスを掛けたり、ボールをカットに行く。中村憲剛が決めたゴールは速攻が見事にハマったゴールだった。
 Jリーグ選抜が圧勝したので気分は良いが、Kリーグ選抜の元気の無さは心配でもある。アジアのサッカーを盛り上げて、いつかは欧州や南米みたいな存在にしていくためには、Jリーグだけが盛り上がっていてもダメ。東南アジアの底上げ、中東の底上げ、そして東アジアの盛り上がりが必要。
 Kリーグは観客動員も苦しんでいるらしい。人気のあるクラブもあるが、人気低迷しているクラブも少なくないようだ。こういう対抗戦が盛り上がりに一役買ってくれると良いなと思う夏の夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島市民球場

 日曜日に広島市民球場で最後のプロ野球公式戦が開催されました。まだカープがクライマックスシリーズに出場する可能性がありますが、リーグ戦はこれが最終戦です。
 広島カープは来年からは、広島駅近くに建設中の新球場に移転となります。新しい球場もどんな感じなのか気になるものの、やはり広島市民球場がなくなるのは広島県人でない私も寂しく思っています。
 地元の人達に「市民球場」と呼ばれ愛されるこの球場、一度野球観戦に行った事があります。

 その日、相手はヤクルトスワローズでした。スタンドは満員とはいかず、二階席はほとんど人がいませんでしたが、外野席も内野席も賑やかで観客数以上の盛り上がりを感じました。
 試合は古田敦也の満塁ホームランが序盤から飛び出し、カープはいきなり劣勢を強いられましたが、私の座っていた一塁側内野席のお客さん達は意気消沈するどころか、選手達への激励の掛け声はますます増していき、広島の人達の熱さを感じたものです。
 そんな熱いファンに応えるかの如く、カープは中盤にホームランにヒットにと集中打を重ねて逆転しました。市民球場は今時のドーム球場と違いファウルエリアが狭いので、スタンドから選手までの距離が近い。そのため、声援が非常に有効な武器になっているように感じました。

 今、プロ野球の球場は野球だけではなく、多目的な使用を前提とした多目的スタジアムが主流。その結果、ファウルエリアが広くて選手までの距離が遠かったり、座席が外野の方を向いている内野席があったり、野球を観るには不向きな球場が少なくないのが現状。
 広島市民球場は、今や珍しくなってしまった「野球」を観るための球場だったのでした。

 幸い、来年度からカープが使用する新球場は、多目的スタジアムではなく野球場として建設されたそうで、天然芝が美しい綺麗なスタジアムになるようです。このスタジアムが新しい広島のシンボルになるかどうかは、これからの歴史の積み重ねで決まっていくのでしょう。綺麗に作った箱を育てていくのは、そこを訪れる人達次第なのですから。

 今月号のJTB大型時刻表の表紙は、広島市民球場とその前を走る路面電車でした。どちらも、広島の街の象徴なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ACL

 サッカーアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のノックアウトステージが始まりました。これはいわゆる決勝トーナメント。Jリーグからは前回覇者浦和レッズに、鹿島アントラーズ、ガンバ大阪と、8チーム中3チームを占める割合で奮闘中。
 トーナメント初戦、ホームで1-1の鹿島は次はオーストラリアでアウェイ戦と大変ですが、中東のアウェイ戦を勝ったガンバ大阪、中東のアウェイ戦で敗れたものの2得点の浦和レッズは、次のホーム戦は楽しみです。満員な観衆でホームの雰囲気を作ってほしいものです。

 第一回目の頃に比べると、ACLもだいぶマスコミも取り上げるようになりました。各大陸の王者が集まる「クラブW杯」に繋がっている大会である事、そこに去年浦和レッズが出場した事で注目度が上がったのが理由でしょう。
 サッカーの世界では、国の代表チームよりクラブチームの方が人気が高いのが定説だから、日本におけるサッカーの見方も世界基準に近づいてきてるのかもしれません。
 あとは、もう少しマスコミがJを取り上げてくれて、代表戦ばかりがサッカーじゃないという意識が広がってくれると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)