« カメラの階級 | トップページ | 冬の日 »

スカイツリー

 昨日、スカイツリーを撮影しに出かけた。浅草で降りて言問橋を渡り、業平橋駅から押上駅。京島の古びた住宅街から向島へ抜けて、再び浅草に戻り、今戸神社で参拝してきた。今戸神社は招き猫を奉った神社で、縁結びのご利益があるそうだ。自分には今恋人と呼べる存在はいないからお参りしてきた。

 色んな町からスカイツリーを見上げて、写真を撮り、青空、西日、黄昏とバックの色もいくつかのパターンで撮影出来たが、大きなスカイツリーを眺めると自分がなんと小さい事かと痛感する。当たり前な事ではあるけれど、その当たり前を気づかせてくれたスカイツリーに感謝したい。

 どんなにエラソウな事を言ったところで、人間は一人では生きていけない。それを自分なりに気づいたのは、以前目の病気で入院した時だった。医者や看護婦さんの支えがなくては五体満足な人間として過ごせない。私は人に支えられる事への感謝というものを、この入院で知る事が出来た。
 15歳くらいから二十代前半、目上の人間にラジカルな態度をとる事が多かった自分だが、入院で人に生かされていく事に気づいたような気がする。
 そして、健康な体でいられる事はとても幸せな事なのだ。そんな何気ない事を強く実感したのだ。
 普通にご飯を食べ、普通にテレビや本を見たり読んだり、普通に周りの人と会話をしたり、普通に歩いてどこかに行く。全て普段無意識に行なっている普通が、実はとても幸せな事なのだと気づいたのだ。

 スカイツリーを撮った写真を眺めていると、色が明るくもあり、悲しくもあるような絶妙な色だった。まだ建設中のスカイツリーは日々変わっていく。昨日私が写した写真は昨日しか撮れない写真。毎日は決して無駄に流れている訳ではないのだ。

|

« カメラの階級 | トップページ | 冬の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/37769840

この記事へのトラックバック一覧です: スカイツリー:

« カメラの階級 | トップページ | 冬の日 »