« 星空のZOO | トップページ | 能代のヤツメウナギ »

ジャーニーコニカ

コニカ(小西六写真商会)は日本最古のカメラメーカーだ。戦前に「パール」というスプリングカメラの名機を生み出している。真珠の如く優雅なデザインのカメラだ。

 そんなコニカの代表作の一つが「コニカC35」。いくつかのバリエーションモデルがあるが、初代モデルは「ジャーニーコニカ」という愛称を持つ。
 ジャーニーとは小旅行という意味だが、ちょっとしたお出かけにピッタリな小柄で割と軽いカメラだ。ファインダーの中には露出を示す針が動く。そのいかにもクラシックな雰囲気が素敵だ。

 レンズはヘキサノンという名のレンズが付く。六角形を意味するヘキサゴンをもじったネーミングだろう。小西六の六という訳だ。
 このヘキサノンレンズの描写が良いという事で、ジャーニーコニカは人気がある。私は以前から欲しくて探しているカメラなのだが、ヒット作ゆえに数は豊富だが良い状態のものが少なく、未だに手に入れていない。
 エルビスプレスリーの歌に「センチメンタルジャーニー」という歌があるが、ジャーニーコニカを持って、センチメンタルな旅をしてみたい。日本海沿岸の旅がイメージ。

 C35はその後、フラッシュ内蔵の画期的なカメラ「C35EF」ヒッカリコニカ。世界初のオートフォーカスコンパクトカメラ「C35AF」ジャスピンコニカへ進化していく。
 安いけれど写りが良いカメラを作るのは、コニカがフィルムも作っていたカメラメーカーだからだろうか?
 コニカに限らず、フジ、コダック、アグファ。いずれも、安価で良い写りのカメラを作りながら、フィルムも作っていたメーカーである。

|

« 星空のZOO | トップページ | 能代のヤツメウナギ »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/33923125

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーニーコニカ:

« 星空のZOO | トップページ | 能代のヤツメウナギ »