« 平塚に集まる者 | トップページ | 氷見線 »

春を代表する花

 三月です。春です。花粉症です。
 春の歌というと、桜をテーマに歌ったものが多いけれど、毎年毎年桜の歌が必ずチャートに上がってくるから、いい加減飽きた。いくら桜が日本の国花であり馴染み深い花とはいえ、桜の歌がこれだけ世の中に氾濫しているのに、まだ作るのかと、アーティスト側の良心を疑ってしまうのだ。これは別に某アイドルグループの事を言っているのではない。

 自分にとって春の花というイメージは梅であり、菜の花だ。私はよく春になると千葉県の房総半島に出かけるが、これは線路脇などに咲き乱れる菜の花を見たいという理由が大きい。今年も房総方面に行ってみたい。
 梅に関しては街中でも咲いているので、桜同様に身近な花だ。桜よりも咲いている期間が長いのが良い。桜はその短い開花期間にワビサビを感じるというのもあるのは確かなので、長い短いで優劣はつけ難い。

 綺麗さで行ったら、桃の花も捨てがたい。春に山梨方面に行くと、果樹園に桃の花が咲いて綺麗だ。甲府の手前、山梨市あたりが特に良い。
 桃の花の色の柔らかさは、まさに桃の果実の柔らかさに通じるものがる。淡く柔らかい色が低い木々を彩っている姿は、まさに桃ならではで、桜や梅と同様にもっと注目されてもいいと思うのだが、桜や梅を見にわざわざ遠出する人は多くても、桃の花を見るために遠出する人は少ないであろう。私が山梨で桃を見たのも、桃が目的ではなく、コンサートやサッカーの観戦で甲府に行くため中央本線の電車に乗り、その車窓として眺めた結果である。

 だからこそ、桃の花をもっと評価してほしいと、自戒も込めて言いたい。私も今度桃を見に山梨に行ってみたいと決めた。

|

« 平塚に集まる者 | トップページ | 氷見線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらでは初めましてです~。

梅、桃、そして菜と、何だかみんなとても縁が深い気がする花達ですね笑 桜や梅は北海道でも馴染みがあります。桃の花は確かに今まで注目した事は無かったので色々調べてみようかなと思います。果物としては大好きなんですけどね。

自分の中では春の花と言ったらシバザクラという印象があります。毎年春になると自分の家の近くや近所の庭先に咲くんですよね。色とかが綺麗で小学生の時からいいなぁと思ってました。普通花って地面から若干離れた所で咲くじゃないですか。でもシバザクラは割と地面と密着して、そして密集して咲いているので、何だか花がしきつめられてる感じがして好きなんです。後はコブシや水仙とかが身近かなぁ…。


余談ですが、桃の花と聞いてとあるアーティストの「桃ノ花ビラ」という曲を思い出しました。このタイトルですがそのままの意味ではなく「桃の花びら」=「桃色の花びら」=「桜」という意味があるんだそうです。こんな風に桜をさりげなくモチーフにした曲なら「またか」と思われずに済むのかもしれませんね(セールスを期待して桜をモチーフにする場合はまた別かもですが…笑)。歌詞にも桜というワードは一切登場しません。しかも発売されたのが夏だった気がします笑 ちなみにアーティスト本人曰く失恋した時に作った曲との事です。
この曲は結構好きで、隠れた「桜名曲」かも?なんて勝手に思ってます。


長文失礼致しました~。

投稿: タートル | 2010年3月 4日 (木) 22時04分

2度目ましてです笑

昨日のコメントの曲について「桜というワードは登場しません」とか書いてますが大嘘でした…!!投稿した後頭の中で曲をふーん♪と奏でてましたら2番のAメロにバッチリ入ってる事に気付きまして…笑

コメント連投すみませんでした。そして別館でも自分にガッカリなクオリティですみませんでした…笑

投稿: タートル | 2010年3月 5日 (金) 14時54分

こんにちは。「桃ノ花ビラ」、You Tubeで検索しました(こういう時、このサイトは便利ですね)。大塚愛さんなのですね。初めて聴きました。PVが綺麗ですね。曲的にもとても好みな曲です。サビが耳に残りますね。教えていただきありがとうございます。
桜って、とても儚い花だと思うのです。それを表現した歌があまりないですよね。℃-uteの「桜チラリ」は歌詞にちょっと稚拙な表現も見られますが(メンバーの年齢に合わせたのかも)、刹那を歌っている曲だと思います。それは恋愛というより、アイドルというものの輝きの短さを表現しているようにも思えるのです。それ故に名曲だと思っております。
あと、川本真琴さんの「桜」もそういう意味で名曲だなと思います。桜を失恋に絡めて書いた大塚愛さんもさすがよくわかっているなと思いました。(エラソーですいません)

シバザクラいいですね。都会では味わえない花です。北海道は桜開花とともに一気に初夏の花まで次々と花が咲くので、五月から七月はいつ行っても花好きには堪らないのではないでしょうか。ベタですが、富良野のラベンダーは是非見てみたいです。
別館の方では、そうした旅の話もたくさん書いていきたいと考えています。よろしくお願いします。

PS 最近アイドリング!!!で気になった子がいて、その子が先日のイベントで北海道出身である事を言っていたので調べたら、北見市とわかってテンション上がっています。北見はホワイトベリーがいますね。

投稿: アルファ | 2010年3月 9日 (火) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/33591575

この記事へのトラックバック一覧です: 春を代表する花:

« 平塚に集まる者 | トップページ | 氷見線 »