« 津軽鉄道 | トップページ | さくらや »

雪と鉄道

 先日、関東に雪が降った。雪に不慣れな首都圏の鉄道(特にJR)は、こういう時ダイヤが乱れやすい。
 だが、実は鉄道は乗り物の中では雪に強い方で、一番強い乗り物と言えるかもしれないのだ。

 それを実証するかのように雪国の鉄道は雪に強い。安全に走行出来るように車両に対策が施されているのと、線路のポイントが凍結しないように、温水のスプリンクラーが線路に設置されていたりするからだ。
 雪国の山間の道路には冬期通行止めとなる区間が珍しくなく、また通行規制などもあったりする。更にスリップにより、走行が非常に大変なものになったりする。

 しかし、鉄道で冬期に運休設定をしているのは、富山県の黒部峡谷鉄道くらいで、これは観光鉄道的な路線なのと、山深すぎて積雪で鉄橋が雪で崩れる恐れがあるからだそうである。

 JRのローカル線の中には、乗客数の少なさで本来は廃止になってもおかしくはないのだが、並行して走る道路が冬期閉鎖されるために、地域住民の足の確保を理由に廃止を免れた路線がある。
 岩手県の岩泉線、新潟県と福島県を走る只見線、島根県と広島県を走る木次線などだ。これらのローカル線に共通するのは、沿線の人家の少なさと山の深さ。冬にはかなりの雪が降り寒くなる。それでも列車は休まず走るのであった。

 首都圏の鉄道も雪対策をすれば良いのにと思うが、年に数日の事のために設備投資は出来ないという事だろうか。
 これは、岐阜県の関ヶ原に大雪が降ると遅れが発生する東海道新幹線と、雪の対策が万全なので、相当な事がないかぎり大幅に遅れない上越新幹線や東北新幹線の関係とも似ている。

 余談ながら、雪ですぐに止まるのはJRが多い。私鉄は割と平気で、特に京王線や京浜急行はダイヤもさほど乱れず、いつも通りに電車は飛ばしていたりする。

|

« 津軽鉄道 | トップページ | さくらや »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/33240637

この記事へのトラックバック一覧です: 雪と鉄道:

« 津軽鉄道 | トップページ | さくらや »