« DESIRE | トップページ | iPad »

ペンタックスの猫デジ

 ペンタックスから新しいコンパクトデジカメ「Optio I-10」が発表された。一眼レフ風のデザインなどと言われているみたいだが、このデザインはペンタックスがかつて作っていた世界最小の一眼レフ「auto110」のデザインをモチーフしたもので間違いない。名前も似ている。
 本家auto110は、110フィルムを使う手のひらサイズの一眼レフだからコンセプトが違うものだし、ペンタックスの公式サイトを見ると、ユーザーとして想定しているのは、昔の本家を知るカメラマニアではなく女性ユーザーなようだ。
 機能として面白いのは、ペットの顔をカメラに記憶させて(最大三匹まで記憶出来る)、そのペットの顔を自動でピント合わせする機能や、光源を星型に加工するデジタルフィルター「トゥインクル」という機能。このデジタルフィルターには「トイカメ」や「レトロ」などのモードも入っていて、写した写真を面白く加工出来る。
 そういう機能が入っていて、カメラのお値段も二万円台後半だから、基本的には遊びのツールとして使いたい人向けであり、スペックがイマイチだとか嘆いている男性マニアの方には向かっていないのだ。口の悪いマニアは「スイーツ仕様」などと早くも揶揄しているが、こういうお遊びカメラで遊ぶのも楽しい。良いカメラ、良いレンズで綺麗な写真を撮るだけが写真趣味ではないと私は思う。

 auto110自体も「とても小さい」という特徴はあるものの、110フィルム自体が描写追求を目指したものではなく、初心者向けな簡単フィルムだから、auto110はそんなに凄い写りのカメラではないそうだ。手のひらサイズ、こんなに小さいのに一眼レフで、レンズが交換出来るのがビックリ。そういう楽しみ方をするカメラ。
 そう考えると、そのauto110をイメージしたレトロデザインで、ペット認識機能などという愉快な機能を備えたI-10は、これはこれで正しいコンセプトと私は思う、正直ちょっと欲しい一台だ。
 ちなみに、ペンタックスのコンデジはシャッター音に「猫の鳴き声」というのが選べる。おそらくこのカメラにも搭載しているだろうから、まさに猫カメラなコンパクトデジタルカメラと言えるかもしれない。

|

« DESIRE | トップページ | iPad »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/33138162

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックスの猫デジ:

« DESIRE | トップページ | iPad »