« ポピュラーソング | トップページ | 目標です »

さくら市

 図書館で借りてきた「生まれる地名 消える地名」という本が面白かった。平成の大合併で消えていく市町村名。そして、生まれる地名。
 世論を揺るがせ、あまりの反対意見に取り下げとなった「千葉県大平洋市」、「愛知県南セントレア市」などは実現しなくて良かったと思っているが、「南アルプス市」、「四国中央市」、「伊豆の国市」など、真面目に考えたのか?と言いたくなる地名も少なくない。地名というのは歴史が表現されているのだから。大事にするべきである。

 私が個人的にガッカリした地名は、「栃木県さくら市」である。名前だけ聞いても、一体どこら辺なのかわからない地名だ。
 さくら市は、氏家町と喜連川町が合併して出来たそうだ。喜連川は「きつれがわ」と読む。温泉があるのどかな山の麓の町だ。
 実は昔、喜連川温泉に行った事がある。いわゆるデートという日帰り旅だ。さくら市などという地名になってしまい、思い出も遠くになりにけりという淋しい心境です。

|

« ポピュラーソング | トップページ | 目標です »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/32887514

この記事へのトラックバック一覧です: さくら市:

« ポピュラーソング | トップページ | 目標です »