« 流氷 | トップページ | 奥多摩駅 »

人を明るくする力

 以前勤めていた会社の女子社員に、大人しくいつもオドオドした感じで男の社員に避けられていた人がいた。元フジテレビのアナウンサー有賀さつきさんに少し似ていた人なので、仮に有賀さんと書こう。

 その有賀さんは、仕事は少し要領は悪いが真面目だし、正月の仕事初めに晴れ着でやってきたり、鏡開きにお汁粉を作ったりと、人柄も良かった。
 あまり笑わない人だったが、私は有賀さんには普通に接していたので、たまに笑顔を見せてくれた。

 そんな有賀さんが熊本のデパートに一週間ほど、催事の応援に行く事になった。いつもオドオドしていて、俯き加減でボソボソと喋る有賀さんだから、接客出来るのかと心配になったが、それは杞憂に終わった。

 一週間後に帰ってきた有賀さんは、別人かと思うほど明るくなっていた。明るい表情で明るく喋る有賀さん。向こうで、従業員の人達に良くしてもらい、とても楽しく働けたらしい。南国熊本の空気と人が有賀さんを明るくしたのだ。

 しかし、有賀さんは一週間くらいでまた元に戻ってしまった。東京の空気と人は有賀さんには合わないのだろう。ちなみに、有賀さんは生まれも育ちも東京の真ん中ら辺なのだが。

 そんな彼女だが、社内では相変わらず人気がなく、男という生き物は、地味で人柄が良い子より、明るくて愛嬌がある子を好む事を嘆く私であった。
 私は、その後この会社を訳あって退社したが、仲の良い子達と毎月飲み会を開いていた。ある日の飲み会で、有賀さんが婚約をした事を知った。私は自分の事のように嬉しかった。見ている人は見ている。きっと相手の方は、有賀さんが熊本で出会った人達のような、明るい力を与えてくれる人なのだろう。運命の人は本当にいるのだ。

|

« 流氷 | トップページ | 奥多摩駅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/33041121

この記事へのトラックバック一覧です: 人を明るくする力:

« 流氷 | トップページ | 奥多摩駅 »