« 急行能登 | トップページ | 流氷 »

音楽の町

 Jリーグの川崎フロンターレが先日、新体制発表会を川崎市高津区にある洗足学園の音楽ホールで行なった。会場には、抽選で招待されたファンクラブ会員1000人が来場して盛り上がったそうだ。
 ステージでは、新加入選手の挨拶などが行われたが、場所が場所だけに演奏会なども開かれ、洗足学園OGだという平原綾香さんがゲストで登場して歌を披露したりもあったそうだ。
 こういう新体制発表会は、普通は記者を集めてホテルで開催するのが定番で、それをイベント化して、しかも音楽イベントと共催するという試みは面白い。

 Jリーグはサッカーだけでなく色んなスポーツを住民に楽しんでもらうという目的も掲げている。Jリーグチームは総合スポーツクラブである訳だ。
 例えば、FC東京と東京ヴェルディはバレーボールチームも持っていて、バレーボールでもライバルだったりする。
 そして、スポーツだけでなく芸術活動や文化活動にも力を入れていこうという目的もある。

 川崎市は「音楽のまち かわさき」というキャッチフレーズの元、音楽振興に力を入れている。川崎駅西口には立派なクラシックホールがあり、川崎駅前は自由にストリートライブが出来るようになっている。プロもアマチュアも、色んなジャンルの音楽が活動をしやすい町を目指している。

 海側には工場がたくさんあり、地方から仕事で移住してきた人が多い川崎の町。今ひとつ町の一体感に欠けると長年言われてきたが、フロンターレや音楽を通じて、ようやく町の顔が出来てきたように思える。

|

« 急行能登 | トップページ | 流氷 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/32976568

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の町:

« 急行能登 | トップページ | 流氷 »