« 奥多摩駅 | トップページ | ペンタックスの猫デジ »

DESIRE

 先日、PSP版アイドルマスターSPパーフェクトサンを買いました。いわゆる美少女ゲームというジャンルのゲームソフトを買ったのは、一体いつ以来になるんだろう。

 セガサターンに昔ハマっていて、雑誌も買ったりしていた。セガサターンは面白いゲームがたくさんあり、ジャンルも多種多様だったから、自分みたいな様々なジャンルのゲームがやりたいタイプには素晴らしいゲーム機だった。
 その時代に、何本かセガサターン用の美少女ゲームを買った事がある。美少女ゲームの代表的存在ときめきメモリアルも買ったが、ああいう恋愛シミュレーションゲームはあまりハマらず、アドベンチャーゲームにハマった。
 ベタなところではサクラ大戦だが、特に面白いと感じたゲームは、黒の紋章というサスペンスアドベンチャーだった。
 このゲームはプレイヤーが探偵になって殺人事件を解決していく内容なのだが、これが何故美少女ゲームの範疇に入るのかと言うと、助手がロリータファッションに身を包んだ少女という設定だからであった。

 セガサターンの美少女ゲームで一番感動したのは、DESIREというゲームである。ある島に漂流した主人公が、島の研究施設で色々な謎に触れて、それを解明していくというゲームだ。
 自分を慕ってくれた少女は実は研究施設の偉いさんである老女の輪廻転生した姿であるという話なのだが、クライマックスにその謎が明かされ、永遠に命が尽きる事なく転生していく我が身の悲しさを問いかける老女の姿が切なく、少女と過ごしたシーンの数々が思い出されて涙腺を刺激した。

 ゲームとしてだけでなく、映画のような良さもあるゲーム。黒の紋章もDESIREも、そういう一本だったと思う。アイドルマスターSPでは、どんな想いを得る事が出来るか楽しみである。

|

« 奥多摩駅 | トップページ | ペンタックスの猫デジ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/33112537

この記事へのトラックバック一覧です: DESIRE:

« 奥多摩駅 | トップページ | ペンタックスの猫デジ »