« 共有者 | トップページ | DSiリンリン »

大分降格

 J1の大分トリニータが昨日の京都サンガ戦で引き分けて、来季はJ2という事になった。ここ六試合は負けなしと粘りを見せてたが、14連敗をしていたのは痛かった。
 大分は去年のナビスコカップで優勝をした。九州のJチームがカップ戦、リーグ戦問わず優勝という栄冠を手にしたのは初めてであり、また大分は九州で一番スタンドが大きい(福岡ドームより収容数が多い)スタジアム「大分スタジアム(九州石油ドーム)」という開閉式屋根を持つ立派なホームを持つなど、今や九州を代表するサッカーチームだ。
 そういうチームがJ2に降格とは、正直言って残念だ。

 大分には何度も訪れていて、サッカーも観戦しているが、海が広く、街の中心部はほどよくテンポがあり、都会と田舎を上手くミックスさせたような味わいがある。
 これが、日豊本線(にっぽうほんせん)で南に進んで行くと、にわかに南国情緒が増していく。津久見、臼杵、佐伯。そして、山深い県境を越えると、空も海も目映いほど青いサンシャインタウン宮崎県。
 大分トリニータのホームタウンは、大分市、別府市を中心とした大分県全域。チームが出来て、地元の高校のレベルも上がり、トリニータのユースチーム出身者からも、GK西川周作選手のように日本代表に選ばれる選手も出てきた。大分県に活気を生んでる事は確か。
 J2に落ちたからと言って悲観してはいけない。ここで盛り上がりを持続して初めて「地元に根付いている」と言えるのだから。
 三年前、大分に行った時に駅前商店街には垂れ幕が掛かっていた。そこに書かれていたのは、「我が町の誇り 大分トリニータ」である。

|

« 共有者 | トップページ | DSiリンリン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/31932454

この記事へのトラックバック一覧です: 大分降格:

« 共有者 | トップページ | DSiリンリン »