« 満月 | トップページ | ネオパン »

J対K

 昨夜は、韓国の仁川(インチョン)でJリーグ選抜対Kリーグ選抜のオールスター戦が行われた。
 テレビで試合の模様を観ていたけれど、4−1というスコア以上に内容に差がある試合だった。ACLでKリーグのクラブの試合を観ていると、スピードのある展開が見られ、韓国のプレースタイルの変化を感じていたのだけれど、昨夜の試合はプレスは遅く、マイボールになっても回りの選手が動き出さないという流れの鈍いサッカーを行なっていた。
 それに対して、Jリーグ選抜はKリーグ選抜の選手に対して素早くプレスを掛けたり、ボールをカットに行く。中村憲剛が決めたゴールは速攻が見事にハマったゴールだった。
 Jリーグ選抜が圧勝したので気分は良いが、Kリーグ選抜の元気の無さは心配でもある。アジアのサッカーを盛り上げて、いつかは欧州や南米みたいな存在にしていくためには、Jリーグだけが盛り上がっていてもダメ。東南アジアの底上げ、中東の底上げ、そして東アジアの盛り上がりが必要。
 Kリーグは観客動員も苦しんでいるらしい。人気のあるクラブもあるが、人気低迷しているクラブも少なくないようだ。こういう対抗戦が盛り上がりに一役買ってくれると良いなと思う夏の夜。

|

« 満月 | トップページ | ネオパン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/30898085

この記事へのトラックバック一覧です: J対K:

« 満月 | トップページ | ネオパン »