« 原付スクーター | トップページ | ニンテンドーDSi »

広島市民球場

 日曜日に広島市民球場で最後のプロ野球公式戦が開催されました。まだカープがクライマックスシリーズに出場する可能性がありますが、リーグ戦はこれが最終戦です。
 広島カープは来年からは、広島駅近くに建設中の新球場に移転となります。新しい球場もどんな感じなのか気になるものの、やはり広島市民球場がなくなるのは広島県人でない私も寂しく思っています。
 地元の人達に「市民球場」と呼ばれ愛されるこの球場、一度野球観戦に行った事があります。

 その日、相手はヤクルトスワローズでした。スタンドは満員とはいかず、二階席はほとんど人がいませんでしたが、外野席も内野席も賑やかで観客数以上の盛り上がりを感じました。
 試合は古田敦也の満塁ホームランが序盤から飛び出し、カープはいきなり劣勢を強いられましたが、私の座っていた一塁側内野席のお客さん達は意気消沈するどころか、選手達への激励の掛け声はますます増していき、広島の人達の熱さを感じたものです。
 そんな熱いファンに応えるかの如く、カープは中盤にホームランにヒットにと集中打を重ねて逆転しました。市民球場は今時のドーム球場と違いファウルエリアが狭いので、スタンドから選手までの距離が近い。そのため、声援が非常に有効な武器になっているように感じました。

 今、プロ野球の球場は野球だけではなく、多目的な使用を前提とした多目的スタジアムが主流。その結果、ファウルエリアが広くて選手までの距離が遠かったり、座席が外野の方を向いている内野席があったり、野球を観るには不向きな球場が少なくないのが現状。
 広島市民球場は、今や珍しくなってしまった「野球」を観るための球場だったのでした。

 幸い、来年度からカープが使用する新球場は、多目的スタジアムではなく野球場として建設されたそうで、天然芝が美しい綺麗なスタジアムになるようです。このスタジアムが新しい広島のシンボルになるかどうかは、これからの歴史の積み重ねで決まっていくのでしょう。綺麗に作った箱を育てていくのは、そこを訪れる人達次第なのですから。

 今月号のJTB大型時刻表の表紙は、広島市民球場とその前を走る路面電車でした。どちらも、広島の街の象徴なのです。

|

« 原付スクーター | トップページ | ニンテンドーDSi »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081873/24155208

この記事へのトラックバック一覧です: 広島市民球場:

« 原付スクーター | トップページ | ニンテンドーDSi »